子育てQ&A

高校生

高校生

Q142.息子が「女性として生きたい」とカミングアウト!どうしたらいいの?

高校2年生男子の母親です。小さい頃から姉の影響もあってか、女子の格好を真似するのが好きな子でしたが、先日突然「僕は、女性として生きていきたい」と、カミングアウトされました。あまりに突然のことで何も言えなかったのですが、今後どのように接していったらよいでしょうか。

 

A.勇気を出して打ち明けてくれたお子さん

お子さんからの突然の告白に、お母さまとしてはさぞ驚かれたこととお察し致します。お子さんは、どんな気持ちでお母さんに打ち明けたのでしょう。おそらく悩みに悩んだ末に、信頼できるお母さんだからこそ勇気を出して打ち明けてくれたのだと思います。まずは「よく打ち明けてくれたね」と、カミングアウトしてくれたこと自体を受け止めてみましょう。

 

 

今までどんな思いで過ごしてきたのか聞いてあげましょう

小さい頃から女子の格好を真似するのが好きだったとありますが、成長の過程で何か感じることはありましたか?性同一性障害とは「体は男性だけど心は女性」あるいは「体は女性だけど心は男性」という認識をもつことです。ですから生まれつきの体の性別と自分の認識する性別との違和感に苦しむ方が多くいます。成長するにつれて、偏見やいじめにあう事を恐れて、本心を隠しながら無理に肉体的な性別に合うような生活を送り、心理的な負担を抱えることもあります。お子さんも、今まで誰にも言えない辛さを抱えて生きてきたかもしれませんね。どんな思いで今までいたかを聞いてあげられるとよいですね。

 

気持ちを整理する時間も大切に

一方、これまで息子として可愛がり育ててきたお母さんにとっては、「これからは女性として生きていきたい」ということをすぐには認められないのも無理もないことだと思います。気持ちを整理するには時間も必要です。しかし、子どもがどのような選択をしても、大切なかわいい我が子であることに変わりはないと思います。

 

お子さんが自分らしく輝くためにできることを

お母さんの受容がお子さんの心の安定には一番です。そして、これからどうしていくことがよいのか、一緒に考えていけるとよいですね。医療的な面でのケアが必要な場合もあるので、お子さんの思いを第一にして、できればクリニックやカウンセリングの受診なども話し合ってみましょう。そして、我が子が本当に自分らしく輝いて生きていけるよう信じて見守ってあげたいですね。

 

高校生

NEW

Q143.小学生の孫に娘夫婦のけんかが影響しないか心配です

小学5年生の孫がいます。娘夫婦のけんかが絶えないのですが、先のことを考えると・・・