研究所について

当研究所は初代所長小林謙策から、正しい親のあり方を学び、実践してきた母親が自己の反省をとおして講師として活動しています。
家庭教育を広める目的で家庭教育の原理をふまえ、常に時代の要望に応えるよう新しいテーマを研究開発して、出版物の発行や講演会、講座、シンポジウム等を開催しています。また、全国の教育委員会、公民館、保育所、幼稚園、小・中学校、高等学校などからの講演依頼、病院、地域の公共団体にも積極的に取り入れられております。各地から講演会、研修会などの講師派遣依頼、研究グループの勉強指導などの依頼が年間三百数十ヵ所に及んでいます。

東京家庭教育研究所

設立:1975年
所在地:〒166-0012 東京都杉並区和田1-5-12
連絡先:電話 03(3381)0705 FAX 03(3381)0723
受付時間:午前10時~午後4時

私たちの活動

1.時代に即応した家庭教育の研究開発
青少年の非行、暴力、自殺、不登校そして虐待など今や親と子の問題が山積しています。家庭の中でお父さんお母さん方は、現実にどんなことに悩みや迷いをもっているか、情報をキャッチし、新しいテーマを研究開発しています。

2.公開講演会・公開講座の開催
全国のお父さん、お母さん方に、家庭教育を普及するための公開講座を開催しています。(公共施設を使用)

3.講演会、研修会への講師派遣
要請に応じて教育委員会、学校関係、地域公共団体(ロータリークラブ、ライオンズクラブ、青年商工会議所等)、公民館、一般企業などに講師を派遣いたします。

4.家庭教育資料の研究、機関誌の発行
家庭教育を学びたい方のために、書籍及び機関誌の発行を行なっています。

5.教育相談
研究所において常時教育相談に応じています。(電話及び来所、午前10時~12時/午後1時~3時)

関連リンク

早ね早おき朝ごはん コミュニティサイト
東京家庭教育研究所は、「早寝早起き朝ごはん」運動を応援しています。
hayanehayaoki.jpg

とうきょう子育てスイッチ
東京家庭教育研究所は、「子育て応援とうきょう会議」の協働会員です。
tokyokosodate.jpg


東京OSEKKAI計画
東京都福祉保健局による、児童虐待防止推進ページです。
hukushihoken.jpg